知っていると得するダイレクトメールのポイント

ある日ポストを見たら、ダイレクトメールが何通も届いていたという経験は誰にでもあるでしょう。ダイレクトメールとは、個人や法人宛に郵便物やメール便などで送られる商品の案内やカタログの事です。一口にダイレクトメールと言っても、形態は様々あります。郵便なのかメール便や宅急便なのかという配達手段による分類もあれば、手紙、葉書き、カタログ、チラシ、小冊子などの種類によっても分類できます。ダイレクトメールはリピート率を高めるために利用されていますが、他にも新規の顧客獲得のためや、以前に資料請求をした人に接触するためという目的もあります。コストはかかりますが、チラシや新聞折り込みと違って、過去に購入したことがある人や年間いくら以上購入している人といった具合に送りたい相手を選んで送ることができます。

ダイレクトメールはこの様に使えます

まず一つは、新規に商品を購入してくれたお客に感謝の気持ちをこめたサンキューダイレクトメールを送ればリピート率のアップが期待できます。他に、新商品の発売キャンペーンや限定セールなどの商品の販売促進。開店の案内やバーゲンセール、クーポン券の送付など店舗への集客。イベントの開催告知や招待状や来場特典の案内などのイベントへの来場促進。メーカー向けの新製品の案内や得意先優待などの営業活動の支援。前出の新規顧客の開拓。顧客向けの情報誌などの送付やプレゼントの提供、限定のキャンペーンなど既存の顧客との関係維持のためなど目的次第でダイレクトメールの使い方はたくさんあります。送付先のお客さんが必要としている内容のダイレクトメールを届けることで開封してもらえる可能性も高くなります。

ダイレクトメールも進化しています

現在、ダイレクトメールを使ったマーケティングの新しいトレンドとなっているのが、ダイレクトメールとデジタルメディアを連携することです。認知度のアップや共感を生み出すことが得意なデジタルメディアと、最終的な購入や契約に効果があるダイレクトメールのいいとこどりをしようというものです。例えば、通販ビジネスではサイトを訪れてもらわなければいけません。そこでダイレクトメールにQRコードなどを記載します。そこから実際にサイトにアクセスしてもらうことを目指すものです。他に、送付したダイレクトメールを見てもらうために、事前にEメールを事前予告という形で送る、クーポン付のダイレクトメールにSNSでこのクーポンをシェアしようというメッセージをつけるなど、デジタルメディアと連携をすることでマーケティングの新たな使い方となってきています。