データ復旧する時の為にバックアップは定期的に取りましょう。

admin post on 4月 5th, 2013

パソコンには様々なデータが入っています。仕事関連のデータやプライベートなデータ色んな情報が詰まっています。データが記録されているハードディスクは一番信頼性の高い記憶媒体ですが、壊れる事も有ります。またウィルスに感染してデータが破壊される事も有り得るのです。そうなった場合はデータ復旧作業をしなければいけません。しかしバックアップデータが無ければ復旧不可能になり今までの大事なデータは消えたままに成ります。なのでデータを保護する為にも、定期的にデータのバックアップを取らなければいけません。バックアップにも幾つか方法が有り、外部記憶装置にデータを保存しておく、またハードディスクを丸ごとイメージ化させて保存しておく方法が有ります。

バックアップ媒体はハードディスクの他にもブルーレイ等の光ディスク、最近はオンラインストレージも流行っています。また一時的なデータの管理には手軽なフラッシュメモリーが使われています。バックアップで重要なのは、色んな記憶媒体に複数保存しておくという事です。デジタルデータは永遠不滅な物ですが、それを格納している器には寿命が有りいつ壊れるか分かりません。なので複数に保存すべきなのです。


高い技術力で信頼できるデータ復旧の専門会社に、お世話になりました。


アクセスできなくなってしまったハードディスクでも、その中にはデータが残っている可能性があるので、できればデータを取り出したいですが、その為には高い技術が必要になるので、専門の設備と確かな知識が必要です。もちろん一般人である私にはできない事なので、データ復旧の専門会社に任せる以外に方法はありませんが、実際に今回初めてお世話になった事でデータ復旧の専門会社の信頼性と技術の高さの両方に、私はとても満足しました。

私がデータ復旧を依頼したハードディスクは、取り外した状態のままケースにも入れず長年机の引き出しの中に放置していたもので、その中には子供の運動会や家族旅行を撮影した写真やビデオのデータが入っていました。しかし、保存状態が悪かったので、パソコンにつないでもアクセスする事ができず私は困ってしまい、データ復旧の専門会社に任せました。おかげで私が必要としていたデータは全て取り出せたので、私はとても嬉しくてデータ復旧の専門会社はさすがだと思いました。現在は別のハードディスクにデータを保存して管理してますが、今後はハードディスクは消耗品であると考えて、過信せず他の記録媒体も利用してバックアップを残そうと私は考えています。