こんな時にも使えるダイレクトメール

ダイレクトメールは、集客に活用するために店舗や企業が個人や法人あてに直接送る商品案内やカタログです。方法としては、郵便や電子メールで行われています。新規のお客様を獲得するため、とゆうよりは既存のお客様のリピート率を高めるためにダイレクトメールが活用されています。ただ単に送るだけでなく、ターゲットを確実に絞り、調査をしてどのシーズンやどのお客様、どんな幅の年齢層に対する広告、告知なのかどんな企業に送ると良いのか等を考えると、もっとダイレクトメールを上手に使って、顧客習得に役立てる事が出来ます。さらに紙媒体のダイレクトメールですと一言お客様にメッセージを添えて送る事により、温かみのあるダイレクトメールになり、お客様が開いてみよう、読んでみようとゆうきっかけを作る事が出来ます。

知っておきたいダイレクトメールの活用方法

ダイレクトメールは、はがきや封筒、電子メールやカタログ送付等の方法があります。アパレル業界や通販のカタログであれば、送った方が見る商品だけでなく、メンズ、レディースから子供服まで幅広い世代に見てもらえるようなカタログを送っています。化粧品等は、新商品のサンプルを一緒に送付すると喜ばれます。リピーターだけでなく、サンプル請求や資料請求等の依頼があった、これから顧客になるかもしれないというお客様に対して送れば新規顧客獲得のチャンスとなります。キャンペーンやセール情報はもちろん、ダイレクトメールにクーポンやはがきを持参の方に対するプレゼントや特典等のお得な情報があると、行ってみようかなという気持ちになります。一度そういったお得情報があると、次回届いた時にも、ダイレクトメールを読もうと思うきっかけになります。

様々な活用方法のあるダイレクトメール

近年では電子メールやSNSでのダイレクトメッセージでも広告が増えてきました。ただ、メールは開かない場合も多いですし、年配の方は読まずにそのままにされている事も多くあります。紙媒体のダイレクトメールであればじっくり読む方も多く、捨ててしまう場合でも一度中身を確認してから捨てる方が多いです。リピート率を上げる事も重要ですが、新規の顧客を獲得する事も大事です。はがきでのダイレクトメールは目に留まりやすいデザインや色使いにしたり、新商品がでた場合、無料のサンプルを同封して送ったり、クーポン券を同封する事が出来ます。電子メールでのメッセージでコストを抑える事も出来ます。紙媒体と電子、両方のダイレクトメールを上手に活用する事で、新規のお客様にも商品の案内や店舗情報を伝えるチャンスが生まれます。