こんなに使えるダイレクトメール活用術

自社の商品やサービスを紹介する為やイベントなどの集客に行なうPR活動の一つとして、ダイレクトメールが挙げられます。まずダイレクトメールとはどのようなものを指すかと言いますと、各個人や会社宛てに直接送られる案内状やカタログのことで、折込チラシなどと違い、既に商品を利用している、以前にサービスを利用していたなど送る対象が明確に決まっています。どちらかと言えばリピーターに向けて行なうアピールと言えるでしょう。また、初めて商品を利用された顧客へお礼を含めたハガキなどを送ることも効果的です。ダイレクトメールの種類にはハガキ・封書やメール便があり、カタログ冊子や、サンプル品などを送ることができます。郵送で手元に届きますから、必ず一度は手に取ってもらえます。デザインなどを工夫して視覚的に印象に残すことがポイントです。

一目見て内容が分かるのはハガキ型

ダイレクトメールを送るにあたり、現在既に自社の商品を愛用してくれている顧客でしたら封書を開いて内容を確認してくれますが、現在それほど興味を持っていない方ではハサミを取り出す手間がかかるからと、封筒を開くことすらされない可能性があります。このように、これから自社に興味を持ってもらいたい方に送るダイレクトメールは、ハガキ型がおすすめです。封筒を開く手間もなく、ポストに届いたら一度は裏返して裏面を見てみる方がほとんどでしょう。もし、そこに目に留まることが書かれていれば、そのまま捨てられることは無くなります。ハガキには、一般的な官製ハガキのタイプに加え、もっと情報量を増やしたい場合には、二つ折りになっていて貼りついており簡単に剥がして広げられる圧着ハガキを利用できます。

印象に残るダイレクトメールのデザインとは?

では、一目で印象に残るダイレクトメールとはどのようなデザインで作ればいいのでしょうか。注意しないといけないのは、ハガキタイプで送付する場合裏面が見えてしまいますので、購入履歴やポイントカード情報など、個人情報となる内容は避けなければならないことです。店舗のリニューアル情報や、新商品の案内など皆さんに知っていただきたいことを簡潔に伝える内容としましょう。デザインは文字を並べるだけではなく、商品写真やキャラクターなど視覚に訴えるようなものにして商品説明などは最小限のものにしましょう。また、ハガキ自体が割引クーポンになるという企画もおすすめです。保管しやすく切り取る手間もなくハガキを持参するだけですから、次回利用してみようという気持ちになる可能性は高くなるでしょう。このように好印象のダイレクトメールを利用すれば、多くの顧客獲得につながるのです。